船橋市 市川市 下総中山の船橋インプラントセンター 治療説明

船橋インプラントセンター

インプラント手術、再生療法 治療解説

 

かじやま歯科クリニックでおこなわれるインプラント手術について詳しく説明いたします。なお、当院では、肉眼による手術はおこなわず、顕微鏡や拡大鏡をもちいた拡大鏡下での繊細なインプラント手術をおこなっています。拡大鏡下で小さな傷口でおこなうことにより術後の痛みや腫れを最小におさえることができ、患者さまの負担を少なくすることができます。

インプラント動画

GBR

歯をうしなってから時間がたつと、顎の骨が痩せてしまい、インプラントがそのままだと埋め込めなくなってしまいます。このような場合は、GBR法で、痩せてしまった顎の骨を再生してから、インプラント手術をおこないます。

インプラント術前 GBR GBR治癒期間 インプラント埋入
顎の骨が痩せてしまっているため、インプラントができない。 痩せてしまっている部位に骨を移植します。 移植の大きさにより、4〜6か月間治癒を待ちます。 GBR法により再生した顎の骨にインプラントを植立します。

クイックインプラント

かじやま歯科クリニック インプラントセンターで使用するザイブインプラントはインプラント手術と同時に人工歯を装着する(即時加重インプラント)コンセプトで開発された最新のインプラントです。これにより、従来のインプラントにくらべ治療期間の短縮や審美性の改善などが優れています。

ワンデイ インプラント インプラント手術 インプラント方向確認 インプラント埋入
不幸にして歯が折れてしまい歯を抜く必要がある場合 歯を抜いた時にインプラント手術が可能です 審美的なインプラントを植立するために方向は厳密に確認します。 理想的な位置にインプラントが植立されました。
インプラント縫合 インプラント治癒期間 インプラント完成
歯根の形にあわせて作られたザイブインプラントはぴったりフィットしています。 治癒期間は約4ヶ月程度です。インプラントを植立した日に仮歯を入れることも可能です。。 インプラントと骨が結合するのを待ってから、最終的な人工歯を装着します。

 

ページトップへ

サイナスリフト

上顎の奥歯の部位には副鼻腔という、空洞があります。歯を失って時間が経つとこの副鼻腔が大きくなるためインプラントを埋入するための高さが不足してしまうことがあります。この場合、サイナスリフト手術をおこないインプラントを埋入できるだけの骨の高さを再生する必要があります。サイナスリフト手術には、骨の高さの不足具合や予定するインプラントの長さによって、ラテラルウインドウ法とオステオトーム法の2つがあります。

ラテラルウインドウ法

インプラントを埋入する部位の顎の骨の高さがほとんどない場合、さらに横幅の骨も不足している場合におこないます。通常、ラテラルウインドウ法のあと5〜6か月ほど治癒期間をまってからインプラント手術をおこないます。治療期間も長く、外科的な侵襲がおおきく患者さまの負担がおおきいことが欠点です。

サイナスリフト サイナスリフト手術 インプラント埋入 インプラント完成
インプラントを埋入するだけの高さが不足しているため、サイナスリフトをおこないます。 顎の骨から副鼻腔脇に穴をあけ、骨を増大するためのスペースを慎重に開けていきます。 インプラントがしっかり固定できれば、同時にインプラントを埋入することができますが、通常は6ヶ月後にインプラントを埋入します。 増大された骨の理想的な位置にインプラントを植立し、人工歯を装着します。

 

オステオトーム法

インプラントを埋入する部位の顎の骨の高さが不足している場合にオステオトーム法は用いられます。上顎の骨によく見られるやわらかい骨質でも特殊な器具で骨を圧縮しながら骨の高さが増大でき同時にインプラントを埋入することができる特徴があります。副鼻腔に骨を増大する際に器具で槌打するため手術中やや侵襲があります。

オステオトームテクニック オステオトームテクニック2 オステオトームテクニック3 オステオトームテクニック4
インプラントを埋入するだけの骨の高さが不足しているため、オステオトーム法をもちいてサイナスリフトを行います。 オステオトーム法の利点として、骨の高さを増大するとともに、特殊な器具で圧縮することにより柔らかい骨質でも改善できます。 特殊な器具をもちいてインプラントを埋入するだけの量を増大させていきます。 オステオトーム法では、ほとんどの場合インプラントも同時に埋入することができます。

 

HSC法

アメリカのインプラント専門医のレオン・チェン先生が開発した低侵襲性の体にやさしいサイナスリフト法です。2005年の研究報告では8年間の治療成績が99.999%という驚異的な成功率を発表されました。かじやま歯科クリニックのサイナスリフト手術は患者さまの負担を考えて、このHSC法を第一選択におこなっています。そして、歯科用顕微鏡を使用することにより、さらに小さい傷口での安全なサイナスリフト治療をおこなっています。

 

かじやま歯科クリニック

ページトップへ

■注目のラインナップ

ジルコニア

金属アレルギーの心配の無い歯科治療素材「ジルコニア セラミックス」、次世代の最新審美材料。

インプラント

次世代セラミックス ジルコニア セレコンを選択できる、審美性の高いインプラント、ザイブインプラント

 

 

 

Copyright(C),Modern Interior Co.LTD